' 証券外務員二種
{
-----------------------------------------------------------
日本語プログラミング言語・ひまわりを、ダウンロードしてください。
himapadに、すべて選択、コピー&ペーストして、実行ボタンを、押してください。
途中、区切りのいい所で、「もどりますか」「おわりますか」が、出ます。
質問・意見・お問い合わせは、
ピロピコへ、どうぞ。ホーム
-----------------------------------------------------------
}
*リスト
日本語を、「証券取引法|投資信託および投資法人の法律|協会定款・諸規則|株式業務|債券業務|投資信託および投資法人諸業務|証券市場の基礎知識|株式会社法概論|経済・金融・財政の常識|取引所定款・諸規則|証券税制|財務諸表と企業分析|付随業務|セールス業務」の、リストから選択。
それで、条件分岐
「証券取引法」の時、証券取引法に、飛ぶ。「投資信託および投資法人の法律」の時、投資信託および投資法人の法律に、飛ぶ。「協会定款・諸規則」の時、協会定款・諸規則に、飛ぶ。「株式業務」の時、株式業務に、飛ぶ。「債券業務」の時、債券業務に、飛ぶ。「投資信託および投資法人諸業務」の時、投資信託および投資法人諸業務に、飛ぶ。
「証券市場の基礎知識」の時、証券市場の基礎知識に、飛ぶ。「株式会社法概論」の時、株式会社法概論に、飛ぶ。「経済・金融・財政の常識」の時、経済・金融・財政の常識に、飛ぶ。「取引所定款・諸規則」の時、取引所定款・諸規則に、飛ぶ。「証券税制」の時、証券税制に、飛ぶ。「財務諸表と企業分析」の時、財務諸表と企業分析に、飛ぶ。「付随業務」の時、付随業務に、飛ぶ。
「セールス業務」の時、セールス業務に、飛ぶ。
違えば、終わり。
待機
*証券取引法
「誤解を招く表示、嘘の表示等は、禁止されている。
勧誘をしてなくても、その行為は、違法である。
投資判断に必要なことを表示しない不作為も、故意・過失の有無なく禁止されている。」と 言う。
「証券仲介業者は、
顧客から金銭・有価証券の預託を受けることを、
いかなる名目においても、禁止されている。」と 言う。
「有価証券の売買の取次ぎとは、
自己の名を持って委託者の計算で、有価証券を買い入れ・売却等を引き受けることであり、
証券会社の中心的業務である。」と 言う。
「証券会社は、
社債発行会社の管理会社等になることを、
禁止されている。」と 言う。
「不特定多数の顧客に対し、
一定期間継続して、買付け・売付けを、
いっせいかつ過度に勧誘することは、証券会社保有証券であっても、禁止されている。」と 言う。
「証券会社は、投資勧誘のとき、
顧客に、特別の利益約束は、禁止されている。
公開株を与えることや安く有価証券を分けることで、粗品など一般サービスは、許される。」と 言う。
「顧客が、信用取引の買付委託をしてきた時、
証券会社が、自己の信用売りを、対当させるのは、
禁止されている。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*投資信託および投資法人の法律
「投資信託の受託者となる受託会社は、
信託会社および信託業務を営む銀行に、
限られている。」と 言う。
「受託会社は、
信託財産を、
受託銀行固有財産と分別し管理しなければならない。」と 言う。
「投資法人が、
発行する投資口は、投資主の合意関係なく、
自由に譲渡することが、できる。」と 言う。
「発行する投資口の総数は、
投資法人の規約に、
記載しなければならない事項の一つである。」と 言う。
「投資法人が、
発行する投資口は、
無額面になっている。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*協会定款・諸規則
「証券業協会が、定めている公正慣習規則等ルールは、
業界の自主規制ですが、
法令と同様の効果がある。」と 言う。
「証券会社と顧客は、
単純な寄託契約・混蔵寄託契約により有価証券の寄託を行う時、
保護預り約款に基く有価証券寄託に関する契約を締結しなければならない。」と 言う。
「取引残高報告書は、
原則として、定期的に四半期(3ヶ月)に一度以上、交付されればよい。
顧客から請求があった時だけ、受取決済のつど、交付すればよい。」と 言う。
「証券会社が、
顧客から累積投資契約に基く有価証券の寄託を受ける場合、
保護預り契約を締結する必要はない。」と 言う。
「顧客が法人またはこれに準ずる団体である場合、
証券会社の従業員が、主管責任者の承認を受けて、取引報告書を、
顧客の事務所に持参して、直接交付しても、郵送で交付したものとみなされる。」と 言う。
「顧客から有価証券の名義書換え等の手続きの依頼を受けた場合、
その従業員が所属する証券会社を通じないで、
その手続きを行うことは、禁止されている。」と 言う。
「公募株等について、
証券会社が優先的に、
発行会社から指定された販売先へ売付けることは禁止されている。」と 言う。
「証券会社の従業員が、
所属する証券会社に交付するための金銭・有価証券を、
遅滞なく、引き渡さなければならない。」と 言う。
「有価証券の売買等において、
証券会社の役職員が顧客に損失補てんの約束をすることも、
証券会社の役職員でない第三者を通して、約束させることも禁止されている。」と 言う。
「証券会社の自社の従業員に対する監督責任の所在を明らかにするために、
証券会社は、原則として、
他社の証券会社従業員を採用することはできない。」と 言う。
「証券会社は、
顧客と先物取引売買の取引契約を締結するとき、
あらかじめ説明書を交付し、説明し、顧客から確認書を徴求しなければならない。」と 言う。
「証券会社は、
既存の顧客であっても、大口現金取引の注文を受けるとき、
あらかじめ顧客から買付け代金、売付け有価証券全部または一部の預託を受ける必要がある。」と 言う。
「証券外務員は、
手数料等の説明で、種類、金額、徴収方法など、
取引等の前にあらかじめ行われなければならない。」と 言う。
「証券会社は、
顧客との間で、公社債の店頭取引を行うにあたって、
社内時価を基準とした適切な価格で取引されなくてはなりません。」と 言う。
「顧客カードの記載事項には、
顧客の資産状況も、
投資目的も含まれる。」と 言う。
「顧客カードの記載事項には、
有価証券投資の経験の有無は含まれるが、
家族構成は、含まれない。」と 言う。
「証券会社が、
顧客からの本人確認書類の提示を受けるには、運転免許証や各種健康保険証、
旅券(パスポート)や各種年金手帳は、含まれるが、顧客の社員証は含まれない。」と 言う。
「本人確認の方法には、
顧客から本人確認書類の提示を受ける方法と、
本人確認書類の提示に加えて、書留郵便郵便等で確認する方法がある。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*株式業務
「取引報告書には、
その注文に係わる
営業所名を記載しなければならない。」と 言う。
「マーケットメーカーは、
JASDAQ売買システム稼動時間内は、
マーケットメイク銘柄の売り・買い気配等を継続的に発表しなければならない。」と 言う。
「取引所における普通取引では、
株式の売買が成立したその日から、起算して、
4営業日目の日が受渡日となる。」と 言う。
「証券会社は、
店頭売買有価証券の取引において、
成行注文を受託することができない。」と 言う。
「値段の限度の指定方法には、
値段の限度を指定する指値と、
指定しない成行がある。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*債券業務
「証券会社並びにディーリング業務を行う登録金融機関は、
流通市場の中心的な担い手である。
発行市場ではない。」と 言う。
「短期国債は、
国債の借換えを行う目的で、
発行されている国債である。」と 言う。
「格付けは、
発行会社の財務内容や収益性だけでなく、
研究開発力や技術力などの企業の総合力も含めて判定し、
その結果が簡単な記号で示されている。」と 言う。
「外貨建て債券の投資には、
国際的な金利差の追求、国際的な分散投資、
外貨建て債務と両建てした為替リスクの回避といったメリットがある。」と 言う。
「ショーグン債とは、
外国法人が、日本の投資者を対象に、
日本国内で発行する外貨建て債券である。」と 言う。
「利付け債券の直接利回りは、
利率/購入価格x100%で、
求められる。」と 言う。
「利付転換社債の乖離率=
(CB時価-バリティ円)/バリティ円x100%
バリティ円=株価/転換価格x100円」と 言う。
「新株予約権付社債は、
現先取引の対象となる
債券ではない。」と 言う。
「債券の入替売買とは、
同時に売りと買いを、
約定する売買手法である。」と 言う。
「現先売買とは、
売買の際に、一定期間後に、一定価格で、
反対売買することを、取り決めて行う債券取引である。」と 言う。
「転換社債型新株予約権付社債(転換社債)券のバリティ価格は、
株価を、
転換価格で割って求める。」と 言う。
「転換社債型新株予約権付社債(転換社債)券の制限値幅は、
転換対象株券の制限値幅に、
転換比率を、乗じたものとなる。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*投資信託および投資法人諸業務
「バリュー株運用とは、
株式の価値と株価水準を比較して、
割安と判断される銘柄を中心にポートフォリオを組成していく手法である。」と 言う。
「収益分配金は、
決算日ごとに決定され、受益者は受益証券に付いているクーポンと、
引き換えに販売会社で受領する。」と 言う。
「委託会社は、
決算終了後3ヶ月以内に、
監査証明を受けた財務諸表を記載した有価証券報告書を、財務局長に提出する。」と 言う。
「投資信託を販売する時には、
受益証券の発行者である委託会社が、
目論見書を作成しなければならない。」と 言う。
「ボトムアップ・アプローチとは、
個別企業に対する調査・分析結果の積み重ねで、
銘柄を選択してポートフォリオを組成していく手法である。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*証券市場の基礎知識
「証券投資の自己責任原則とは、
投資者は自己の判断と責任で投資行動を行い、
その結果としての損益は、すべて投資者に帰属することを意味する。」と 言う。
「有償で株式を発行するケースには、
株式会社の設立に伴う発行と、
すでに設立されている株式会社が、資本増加を目的として株式を発行する増資とがある。」と 言う。
「これまで会員組織であった証券取引所が、
株式会社になることを認められたので、
東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所は、会員組織から株式会社に移行した。」と 言う。
「証券保管振替機構は、
証券の保管・振替に関する法律に基き設立され、
有価証券売買取引や担保取引の決済に伴う証券の受け渡しを、口座間振替業務を行っている。」と 言う。
「投資者保護基金は、
機関投資家等のプロを除く顧客の預かり資産を、
証券会社経営破綻時の補償の対象としている。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*株式会社法概論
「株主の自益権には、
利益配当請求権、残余財産分配請求権、新株引受権であり、
株主の共益券には、議決権がある。」と 言う。
「定款変更のうち、
取締役会で決議だけで変更可能なのは、
既存の株主に有利になる1単元株の減少や単元株制度の廃止がある。」と 言う。
「1単元株に満たない株しか持たない株主は、
議決権がなく、
株主総会にも召集通知もされない。」と 言う。
「会社更生法適用の申込権者は、
その会社自身、資本の10%以上相当額の債権者、
または、議決権総数の10%以上を持つ少数株主である。」と 言う。
「株式会社の最低資本金は、
原則として、
1000万円以上です。」と 言う。
「株主名簿に氏名が記載されない限り、
会社に対して、
株主としての権利を主張できない。」と 言う。
「大会社とは、
資本金5億円以上または、
負債総額200億円以上の会社をいう。」と 言う。
「新株発行の効力発生前に、
株主引受人の地位自体を、譲渡することは、
商法上無効とされている。」と 言う。
「元取締役や元従業員もその会社の監査役になれる。
しかし、大会社では、
会社とは、つながりのない社外監査役が、半数以上いなければならない。」と 言う。
「会計監査人の選任・解任は、
株主総会の決議で、
いつでも行うことができる。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*経済・金融・財政の常識
「所定外労働時間は、
景気に先行して変動する傾向があり、
完全失業率や常用雇用指数等の雇用者数指数は、景気に遅れて変動する傾向にある。」と 言う。
「預金準備率操作とは、
預金準備率の変更によって金融機関の支払い準備を増減させ、
金融に変更を与える政策をいう。」と 言う。
「マーシャルのKは、
マネーサプライが経済活動に対して
過剰か過少か判断する指標に一つである。」と 言う。
「在庫循環は、
企業が生産・販売の各段階で、急な需要の増加に対応するため製品・商品の在庫の増減に伴って、
景気の好・不況が、交互に現れるとする景気循環の考え方である。」と 言う。
「インターバンク市場とは、
短資会社が、資金の仲介役として、
重要な役割を果たしている。」と 言う。
「内閣には、予算編成権及び予算提出権があり、
予算の作成、国会への提出は、内閣が行っているが、
実際に予算案の編成を行うのは、財務大臣である。」と 言う。
「わが国の一般会計をおける一般歳出の中で、
最も金額の大きな経費は、
社会保障関係費である。」と 言う。
「日本の租税収入は、
直接税の方が、
間接税よりも比率が高くなっている。」と 言う。
「税制の水平的公平は、
所得が等しいならば、
税負担も等しくしなければならないという考え方である。」と 言う。
「地方公共団体の予算も、
国の予算と同様に、
一般会計と特別会計に分かれている。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*取引所定款・諸規則
「小切手や手形は、
証券取引法上の有価証券に含まれていないから、
上場させることはできない。」と 言う。
「証券取引所における株式売買の清算は、
(株)日本証券クリアリング機構が、
行う。」と 言う。
「取引市場での国債市場の売買における呼値に、
制限呼値は、ありません。ただし、
取引所が、必要と認めた場合、呼値値幅制限を行う。」と 言う。
「価格優先の原則に従えば、
高い値段の買呼値が、
低い値段の買呼値より優先される。」と 言う。
「上場株券の普通取引に係る受渡決済は、
原則として各証券会社の同一決済日ごとの
ネッティング決済で、行われる。」と 言う。
「売買立会の決定される始値は、
価格優先の原則により、成行売呼値と成行買呼値の違いを、
売値が、安い方から、買値は、高い方から双方同じ総株数になる株価が、始値となる。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*証券税制
「源泉分離課税とされているものに、
金貯蓄口座の利息、預貯金の利子、
抵当証券の利息、個人向け国債の利子などである。」と 言う。
「所得税の課税対象者である居住者は、
国内に住居を有し、
あるいは、現在まで引き続き1年以上居所のある個人である。」と 言う。
「株式等の配当所得に適用される所得税の配当控除額は、
課税総所得金額等が、1000万円以下の場合には、
その配当所得の金額(源泉所得税控除前)の10%相当額(控除対象税額を限度とする)となる。」と 言う。
「特定中小会社として、法律で規定される会社が、発行する株式を、
公開前3年超保有し、公開後3年以内に売却した場合、
所得金額を、1/2にして税額を計算することができる特例がある。」と 言う。
「特定口座は、1社1口座とされており、
同一の証券会社等において、複数の特定口座を設定することはできませんが、
複数の証券会社に、特定口座を設定することができる。」と 言う。
「相続税の基礎控除は、
5000万円+1000万円x法定相続人の数となる。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*財務諸表と企業分析
「株価収益率(PER)=株価/一株当り当期(純)利益円
一株当り当期(純)利益円=当期(純)利益/発行済株式総数となる。」と 言う。
「株主資本(純)利益(ROE)=当期(純)利益/株主資本
株主資本円=総資産-総負債となる。」と 言う。
「当期の固定費合計額=売上原価の固定費+販売費及び一般管理費の固定費となる。」と 言う。
「当期の限界利益率=(当期売上高-当期売上原価の変動費)/当期売上高x100%となる。」と 言う。
「当期の損益分岐点売上高・円=当期の固定費合計額/当期の限界利益率と なる。
つまり、当期の損益分岐点売上高・円=
[
(売上原価の固定費+販売費及び一般管理費の固定費)/{(当期売上高-当期売上原価の変動費)/当期売上高}]。」と 言う。
「増収率=(当期売上高-前期売上高)/前期売上高x100%となる。」と 言う。
「営業利益成長率=当期営業利益/前期営業利益x100%となる。
営業利益=売上高-(売上原価・変動費+固定費)-(販売費及び一般管理費・変動費+固定費)となる。」と 言う。
「決算短信は、
証券取引所の要請に基いて、
慣習として作成される。」と 言う。
「当座資金とは、
現金および短期に、
現金化できる資産をいう。」と 言う。
「総資産(純)利益率は、
企業に投下された資本全体から、
どれだけの当期(純)利益が、得られたか比率で表したものである。」と 言う。
「負債(他人資本)比率が、
高い企業(株主資本比率が、低い企業)は、
株主資本回転率が、高くなる。」と 言う。
「連結調整勘定とは、
親会社の投資勘定と子会社の投資勘定とを、
相殺消去する際に生じた差額である。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*付随業務
「MMFは、
短期公社債や短期金融資産を、主要投資対象とし、
中期国債は、対象外である。」と 言う。
「MMFの販売単位は、
1口(1口1円)である。」と 言う。
「MMFの換金代金の支払い方法に、
キャッシング制度が、
利用できる。」と 言う。
「MMFは、
毎日決算が、行われ、
分配金は、毎月末に再投資される。」と 言う。
「MMFの信託期間は、
無期限であり、
投資家からの解約の申告がない限り、継続される。」と 言う。
「保護預りの有価証券混蔵保管とは、
同一銘柄の有価証券については、
顧客別に保管するのでなく、全部ひとまとめに保管することである。」と 言う。
「証券会社が保護預りできる有価証券は、
累積投資に係わるものを除いた、
市場性の有価証券に限られる。」と 言う。
「信用取引に付随する金銭貸付業務は、
信用取引口座設定約諾書を提出した顧客のみが、
対象となる。」と 言う。
「証券会社は、
保護預り契約基き有価証券などを預かった時、
顧客に対して、定期的に取引残高報告書を交付する必要がある。」と 言う。
「有価証券に関連する情報の提供や助言には、
投資顧問業に該当する業務は、
含まれない。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
*セールス業務
「国民経済における資金の運用・調達の場である証券市場の担い手として、
証券会社の社会的使命を再認識し、
証券市場の健全な発展に努力する。」と 言う。
「倫理綱領について、
常に、顧客のニーズ・利益を重視し、顧客の立場に立って、
誠実かつ公正に業務を遂行する。」と 言う。
「証券市場の個人投資家の重要性を鑑み、
投資目的、知識、資産状況等に適合した投資勧誘を行うとともに、
個人投資家が、不利な立場に置かれないように、正確公正な投資情報を提供されなければならない。」と 言う。
「投資者の保護や取引の公正性を確保するために、
法令規則等証券取引ルールを厳正に遵守しなければならない。
また、自己責任原則の確立に努めなければならない。」と 言う。
「証券会社役職員一人一人が、
職業人として国民から信頼され、健全な社会常識と倫理感覚を常に保持し、
不断の研鎖に努める。」と 言う。
「もどりますか」と、三択。
もし、それが、はいならば、リスト。
もし、それが、キャンセルならば、終わり。
「おわりますか」と、二択。
もし、それが、はいならば、終わり。
もし、それが、いいえならば、リスト。
*終了
終わり

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO